スタッフブログ

ミオソフトスタッフによるブログ。セミナー情報から製品バージョンアップ情報、四方山話まで

« 濃厚なカルボナーラ | メイン | Bonjour »

2019年1月23日 (水)

プチ浦島太郎

ユニクロの姉妹ブランドのGUがセルフレジになっていって驚きました。
それもスーパーにあるようなバーコードをピッピと読み取らすセルフレジではなく
カゴの中に服を入れて扉を閉めるだけで商品の読み取りが終わるようなセルフレジでした。
そんなことになっているとは知らなかったので初めての会計で非常に戸惑いました。


レジ 『商品をカゴにいれてください』
私 商品をカゴに入れる
レジ 『扉を閉めてください』
私 戸惑いながらも言われたとおり実行
レジ 『○△□○円です』
私 なんで?


商品には読み取れるような仰々しいICタグはなく
あるのはよく見るペラペラの値札だけでした。
しかも複数の商品を無造作にカゴの中に入れているだけなのに
正確な商品情報が画面には表示されていました。


後で調べたのですが
どうやらそのペラペラの値札の中にICタグが埋め込まれていて
それを読み込んで値段を表示させているらしいです。
(本当にペラペラです、ただの紙です。)


どうやら2015年5月末くらいから一部店舗で試験運転が始まっていたみたいで
2019年1月のブログの話題にするには時代錯誤感が否めないですが
知らないところで街が変化する様子を体験でき、
浦島太郎の気持ちがほんの少しだけ分かりました。